星稜の林監督、来年3月末に退任

2019年夏の甲子園準優勝

© 一般社団法人共同通信社

星稜の林和成監督

 高校野球で、2019年夏の甲子園大会では準優勝するなど石川・星稜を春夏計8度の出場に導いた林和成監督(46)が来年3月末で退任することが決まった。同校が3日発表した。星稜中の田中辰治監督(44)が後任となる。

 林監督は11年4月に就任し、19年のエースだった奥川恭伸(ヤクルト)をはじめ、北村拓己(巨人)岩下大輝(ロッテ)ら多くのプロ選手を育てた。今夏は野球部員を含む新型コロナウイルスのクラスターが発生したため、石川大会への出場を途中で辞退した。

 林監督は同校を通じ「就任時より10年間を一区切りと決めていた。次の世代にバトンを渡す」と語った。