里見が単複で4強入り

バドミントン・3日

©一般社団法人共同通信社

女子シングルス(車いすWH1)準々決勝 スイス選手と対戦する里見紗李奈=国立代々木競技場

 バドミントン女子ダブルス(車いす)の里見紗李奈・山崎悠麻組はタイのペアに勝ち、1次リーグ2戦2勝で4日の準決勝に進んだ。女子シングルスで上肢障害SU5の亀山楓は準決勝に勝ち上がり、4日に鈴木亜弥子と対戦。杉野明子も4強入りした。車いすWH1の里見とWH2の山崎も準決勝に進出した。

 男子シングルスで車いすWH2の梶原大暉、WH1の村山浩が準決勝進出。ダブルスは混合(下肢障害、上肢障害)の藤原大輔・杉野組、男子(車いす)の梶原・村山組、女子(下肢障害、上肢障害)の伊藤則子・鈴木組が4強入り。藤原は男子シングルス(下肢障害SL3)でも準決勝に進んだ。

女子ダブルス(車いす)1次リーグ タイのペアと対戦する里見紗李奈(奥)、山崎悠麻組=国立代々木競技場