上地は銀メダル。国枝/眞田ペアと菅野は4位[東京パラリンピック]

© 株式会社WOWOW

「東京パラリンピック」での上地

現在開催されている「東京パラリンピック」(日本・東京/8月27日~9月4日/ハードコート)のテニス競技。大会8日目の9月3日には女子シングルス・男子ダブルス決勝、女子シングルス・男子ダブルス・クァードシングルスの3位決定戦が行われ、女子シングルスの上地結衣(日本/三井住友銀行)は銀メダルを獲得。男子ダブルスの国枝慎吾(日本/ユニクロ)/眞田卓(日本/凸版印刷)ペアと、クァードシングルスの菅野浩二(日本/リクルートオフィスサポート)は4位となった。大会公式ウェブサイトが伝えている。

女子シングルス第2シードの上地は、ダブルス準決勝で敗れたペアの一人である第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)と対戦。これまでの対戦成績は、上地の15勝22敗だった。第1セットを取られ、第2セットも3-5とリードされるが、上地はそこから諦めない粘りを見せ、一度はゲームカウント6-5とリードする。だが6-6に追いつかれ、タイブレークとなって3-6、6-7(1)で敗退。デ グロートが金メダル、上地が銀メダルとなった。

3位決定戦では、上地と組んだダブルスで今年の「ウィンブルドン」など数々の大会を制覇している第4シードのジョーダン・ワイリー(イギリス)が、第3シードのアニーク・ファンクォト(オランダ)を、6-4、6-7(7)、6-4の激闘の末に下して銅メダルを獲得した。

男子ダブルス第3シードの国枝/眞田ペアは、第4シードのTom Egberink/マイケル・シェファーズ(オランダ)ペアに3-6、2-6で敗れて4位となった。決勝では第2シードのステファン・ウッデニコラ・パイファー(フランス)ペアが、第1シードのアルフィー・ヒュウェット/ゴードン・リード(イギリス)ペアを7-5、0-6、7-6(3)、3時間25分の苦闘の末に破って金メダルを手にした。

ノーシード選手同士の対戦となったクァードシングルスの3位決定戦では、菅野がNiels Vink(オランダ)に1-6、4-6で敗れ、惜しくも銅メダルを逃した。

主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【決勝】
〇ディーダ・デ グロート(オランダ)[1]6-3 7-6(1) ●上地結衣(日本/三井住友銀行)[2]

【3位決定戦】
〇ジョーダン・ワイリー(イギリス)[4]6-4 6-7(7) 6-4 ●アニーク・ファンクォト(オランダ)[3]

<男子ダブルス>
【決勝】
●アルフィー・ヒュウェット/ゴードン・リード(イギリス)[1]5-7 6-0 6-7(3) 〇ステファン・ウッデニコラ・パイファー(フランス)[2]

【3位決定戦】
国枝慎吾(日本/ユニクロ)/眞田卓(日本/凸版印刷)[3]3-6 2-6 〇Tom Egberink/マイケル・シェファーズ(オランダ)[4]

<クァードシングルス>
【3位決定戦】
〇Niels Vink(オランダ)6-1 6-4 ●菅野浩二(日本/リクルートオフィスサポート)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東京パラリンピック」での上地
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)