フェンシング見延和靖「いい状況が続くような仕組みづくりや環境づくりを」【メダリストが明かす東京五輪舞台裏】

©株式会社日刊現代

金メダルの快挙を生かさなければ…(見延=左2)/(C)JMPA

【メダリストが明かす東京五輪舞台裏】#8

見延和靖(3)
(34歳、フェンシング男子エペ団体、金メダル/ネクサス)

◇ ◇ ◇

五輪でメダルを獲得したスポーツは競技人口が増える。日本フェンシング協会の前会長、太田雄貴氏が2008年北京五輪のフルーレ個人で銀メダルを獲得した当時、日本のフェンシング界も大きな盛り上がりを見せた。しかし、それは一時的な“五輪バブル”という懐疑的な見方があるのも事実だ。

「金メダルでフェンシング界が変わっていくためのきっかけはつくれたかなとは思うけど、それだけでは発展しないと思うし、広がっていかないなと思う。じゃあ何をやったらいいかというとすごく難しい」

■競技発展のハードルを上げる高額な設備費用

ハードルを上げている要因のひとつが、高額な設備費用にある。道具の値段はいわゆる“ピンキリ”だが、たとえばエペの場合、練習用の剣セットこそ7000円程度とはいえ、マスクやユニホームなど防具を揃えると10万円はかかる。審判器セットは練習用の安いものでも20万円以上と高額だ。

「チャンバラだったらそこらへんでもできますけど、フェンシングをしっかりやろうと思うと特別な電気審判器が必要になる。体験するだけなら安くて5万~10万円くらいで揃えられますが、それは個人用のキットであって、ランプがつく審判器を揃えるというのはかなり難しい。興味を持ってくれた人が競技を始めるには環境が手薄なのが現実問題としてある。エペは分かりやすくて一番普及につながりやすい種目だと思うので、僕たちが勝ち続けて日本が強いと証明し続けることが一番大事なこと。体験や見学もしてほしいですし、(自身が所属する)ネクサスのフェンシングクラブチームにも多数の体験の応募があったみたいなので、僕自身も楽しさを伝えられたらと思う」

フェンシングに限らず、各競技団体が東京五輪に向けて強化費を増額。その一方で、宴の後は強化費が削られるケースは少なくない。

「今回の金メダルを(協会が)どう評価してくれるかなと思いますが、当然環境は変わってくると思います。今後もいい状況が続くような仕組みづくりや環境づくりをしていかないと、せっかく一歩を踏み出した歴史が途絶えてしまう。普及、育成のほうにも力を注いでいきたい」

■1億円報酬は「まず使わない」

フェンシングは国際大会でも賞金はなく、多くの選手の生計を支えるのは所属企業からの給与。日本ではフェンシング女子サーブル個人で東京五輪に出場した江村美咲が、今年4月にフェンシング界初のプロ宣言をしたばかりだった。

「(収入は)会社からの給料がメインです。金額もだいたい普通の新卒社会人と変わらないくらい。そこを少し変えたいなという気持ちもあります。僕はネクサスに恩義を感じているので離れるつもりはありませんが、これまで有力な選手が『お金を稼げないから』といって大学卒業と同時に辞めていくのをたくさん見てきた。それが少しでも夢があると思ってくれて続けてくれたらいいなと思うんです」

そんな中、ネクサスが金メダル獲得の報奨金として出した1億円は夢のあるご祝儀だった。

「使い道ですか……まず使わないですよね。生活のために使いたいですけど、そこまでの評価をしていただいた社長の男気に感謝したいし、僕一人で成し遂げた結果ではないので、競技普及や環境整備の恩返しに使いたい。今使ったらこの後、大変なことになる気がする。僕はまだ人生半分も来ていないので(笑い)。トップアスリートの中では少ないのかもしれないけど、僕たちは手が震えちゃう金額なんです」(おわり)