大リーグ、大谷が9勝目

筒香、秋山は無安打

© 一般社団法人共同通信社

レンジャーズ戦に先発登板し、7回を投げて2失点で9勝目を挙げたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは3日、各地で行われ、右手首付近の負傷で登板間隔を空けていたエンゼルスの大谷がアナハイムでのレンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場し、7回を投げて1本塁打を含む7安打2失点、8三振2四球で自身8連勝となる9勝目(1敗)を挙げた。1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」にあと1勝とした。試合は3―2。

 打撃は4打数無安打、1三振だった。42本塁打は前日までメジャー単独トップ。

 パイレーツの筒香はカブス戦で5―6の七回に代打で遊ゴロ。

 レッズの秋山はタイガース戦で4―14の七回に代打で出場し、2打数無安打。