バドミントンで里見紗李奈が金

女子単、パラ新競技で日本勢初

©一般社団法人共同通信社

女子シングルス(車いすWH1)決勝 タイ選手に勝利し、金メダル獲得を決めて喜ぶ里見紗李奈=国立代々木競技場

 東京パラリンピック第12日の4日、バドミントンの女子シングルス(車いすWH1)で里見紗李奈(23)=NTT都市開発=が金メダルを獲得した。決勝でスジラット・ポーカン(タイ)を2―1で下し、今大会から採用されたこの競技で日本勢初の優勝を果たした。

 世界ランキング1位の里見は1次リーグA組を2位通過。準々決勝でカリン・ステルエラト(スイス)、準決勝で尹夢ロ(中国)を破った。

 千葉県出身。高校3年生だった2016年に交通事故で脊髄を損傷し、腰から下が動かなくなった。リハビリの一環で父親に勧められて競技を始め、約2年半後の19年世界選手権で初出場優勝を飾った。

女子シングルス(車いすWH1)決勝 タイの選手と対戦する里見紗李奈=国立代々木競技場