西武栗山が通算2千安打

プロ20年目、史上54人目

©一般社団法人共同通信社

プロ野球楽天戦の9回、西武の栗山巧外野手が左前打を放ち、史上54人目の通算2千安打を達成=4日、仙台市の楽天生命パーク宮城

 プロ野球西武の栗山巧外野手(38)が4日、仙台市の楽天生命パーク宮城で行われた楽天17回戦の九回に牧田和久投手から左前打を放ち、史上54人目の通算2千安打を達成した。プロ20年目、2041試合目での到達。節目の数字に残り74本として今季を迎え、開幕から83試合目の出場で大台に乗せた。

 西武の生え抜きの選手が達成したのは初めて。西武に在籍する選手が到達するのは1983年の山崎裕之以来。

 栗山は兵庫県出身で、兵庫・育英高から2002年にドラフト4位で入団。08年に最多安打でタイトルを獲得した。