道下が女子マラソン金

陸上・5日

© 一般社団法人共同通信社

女子マラソン(視覚障害T12)で優勝し、笑顔で日の丸を広げる道下美里。左は伴走者の志田淳さん=国立競技場

 パラ陸上マラソンの女子で視覚障害T12は世界記録を持つ44歳の道下美里(三井住友海上)が3時間0分50秒で金メダルを獲得した。男子で視覚障害T12は堀越信司(NTT西日本)が2時間28分1秒、上肢障害T46は永田務(新潟県身体障害者団体連合会)が2時間29分33秒で走り、ともに銅メダルを手にした。

 車いすT54の女子は土田和歌子(八千代工業)がトップと21秒差の1時間38分32秒で4位、喜納翼(タイヤランド沖縄)は7位。男子は鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1時間30分45秒で7位。フグ(スイス)が2連覇し、トラック3種目と合わせ今大会4冠を達成した。