IPC会長、日本側の支援に謝意

「共生社会へ強い機運生まれた」

© 一般社団法人共同通信社

記者会見するIPCのパーソンズ会長(右)と大会組織委の橋本聖子会長=5日午前、東京都江東区のメインプレスセンター

 国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長は5日、東京パラリンピックの総括記者会見で「新型コロナウイルス禍を考えると、日本が行ったような大会開催は諸外国ではできなかったと確信している。世界は日本が果たした役割を決して忘れない」と述べ、日本側の支援に謝意を表明した。

 同時に「日本のパラアスリートが活躍し、大会を開催することができたことが、人々の意識を変えているのではないかと思う。共生社会を構築する上で強い機運が生まれている」と語った。

 大会組織委員会の橋本聖子会長は「多様性を尊重する共生社会に向けた取り組みをさらに加速させたい」と強調した。