タイ、容疑者暴行死で署長逮捕

豪邸に高級車、汚職疑惑も

© 一般社団法人共同通信社

容疑者の暴行死に関わったとして、タイのナコンサワン署に連行された警察官ら=8月25日(AP=共同)

 【バンコク共同】タイ中部ナコンサワンの警察署で、薬物犯罪容疑者の20代の男が警察官たちに暴行を加えられて死亡する事件があり、当時の署長を含む警察官7人が逮捕された。元署長は豪邸に住み、多数の高級車を所有しており、釈放する見返りに要求した賄賂を断られたことで暴行に及んだとされる。国民の間には衝撃が広がり、タイ警察の汚職体質を批判する声が高まっている。

 ティティサン元署長は約8千平方メートルの敷地に立つ豪邸で暮らし、高級車のフェラーリやランボルギーニなどを含む多数の車両を所有。月給は約4万バーツ(約13万5千円)で、汚職が常態化していた疑いが持たれている。