茨城県知事に大井川氏が再選

共産推薦の新人破る

© 一般社団法人共同通信社

茨城県知事選で再選を果たし、万歳する大井川和彦氏(中央)=5日夜、水戸市

 任期満了に伴う茨城県知事選は5日投開票の結果、無所属現職大井川和彦氏(57)=自民、公明、国民推薦=が、無所属新人の茨城大名誉教授田中重博氏(74)=共産推薦=を破り、再選を果たした。

 1期目の大井川県政への評価や、日本原子力発電東海第2原発(同県東海村)の再稼働問題が主な争点となった。

 再選を決めた大井川氏は5日夜、「新型コロナの収束と経済の立て直しに取り組む」と記者団に表明。原発再稼働に関しては「避難計画を作り、県民の意見を聞くプロセスを踏む」と述べ、判断時期には触れなかった。

 田中氏は、大井川氏の県政運営を「利益重視」と批判したが、及ばなかった。

大井川和彦氏