手話歌手やダンサーら式典で躍動

パリ大会へ引き継ぎ

© 一般社団法人共同通信社

5日、フランス・パリのトロカデロ広場で、東京パラリンピック閉会式の映像を見る人たち(ロイター=共同)

 東京パラ閉会式ではパリ大会への引き継ぎセレモニーが行われ、障害者を含むダンサー約130人が躍動した。「手話歌手」が体の動きや顔の表情でフランス国歌を届け、パリのエッフェル塔前の特設会場には帰国した東京大会のメダリストが集結した。

 事前収録の映像では手話歌手ベティ・ムトゥマラヤさんがルーブル美術館で、フランス国歌に合わせ、踊るようなダイナミックな手話を披露。「3Dプリンター」で製作した義手を着けた少年(15)が登場し、着席した約130人が一糸乱れず手を動かす振り付けを見せた。セレモニーはエッフェル塔の脚の一つが義足の板ばねになったCG映像で締めくくられた。

引き継がれたパラリンピック旗を振るパリのイダルゴ市長。左端は東京都の小池百合子知事、中央はIPCのパーソンズ会長=5日夜、国立競技場