神6―6巨(5日)

阪神が6点差追い付く

© 一般社団法人共同通信社

7回阪神2死一塁、代打糸井が左中間に同点二塁打を放つ=甲子園

 阪神が6点差を追い付いて引き分けた。0―6の六回に失策に乗じて攻め、代打原口やロハスの適時打などで4得点。七回も失策で得た好機から1点返し、代打糸井が同点二塁打。巨人は岡本和の3ランなどによる優勢をふいにした。