パリ、障害者への関心増期待

次回パラ開催地、選手ら称賛

©一般社団法人共同通信社

5日、パリで東京パラリンピック閉会式に合わせて開かれたイベントに参加した、フランス代表のメダリストら(共同)

 【パリ共同】2024年の次回夏季パラリンピック開催地パリで5日、東京大会の閉会式に合わせたイベントが開かれた。集まった市民らは既に帰国したメダリストらに拍手を送り、国内で障害者の暮らしやスポーツへの関心がさらに高まるよう期待を寄せた。

 イベントは東京五輪閉会式の際と同様、エッフェル塔近くの会場で開かれた。東京からパリへの引き継ぎセレモニーが行われた閉会式会場に一部を生中継。全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患った音楽家ポーヌさんが、目の動きを使ってコンピューターでミックスした曲に人々は体を揺らし、フランス国旗を振って盛り上げた。