混合ダブルスの柴原組敗れる

全米テニス第7日

© 一般社団法人共同通信社

混合ダブルス2回戦で敗れ、対戦相手と健闘をたたえ合う柴原(右)、マクラクラン組=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第7日は5日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、混合ダブルス2回戦で柴原瑛菜・マクラクラン勉組はジェシカ・ペグラ、オースティン・クライチェク組(米国)に6―7、3―6で敗れた。

 女子シングルスは3日の3回戦で大坂なおみを破ったレイラ・フェルナンデス(カナダ)が4回戦で16年覇者のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4―6、7―6、6―2で逆転勝ちし、四大大会初の8強入り。

 男子シングルス4回戦では第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝ち、3年連続で準々決勝に進出した。