ヴェロス圧勝、暫定首位浮上

© 株式会社宮崎日日新聞社

【ヴェロスクロノス都農―熊本県教員蹴友団】後半16分、チーム7点目、自身3得点目を決めるMF北川

 サッカーのKYFA第49回九州リーグ第19節は5日、各地で行われた。本県のヴェロスクロノス都農は、都農町藤見公園陸上競技場で熊本県教員蹴友団を8―1で破り、開幕15連勝。勝ち点を44に伸ばし、試合のなかった沖縄SV(勝ち点42)を抜いて暫定首位に浮上した。 ヴェロスは前半14分、DF古部健太の左クロスにMF北川滉平が頭で合わせて先制した。2分後にMF梶山幹太が得点するなど前半で4ゴール。後半3分に失点したが、同10分にフリーでボールを受けたFW鈴木将馬が押し込み、北川がさらに3ゴールを奪った。