【オープン6周年!】地域の人に愛されるパン屋「さくらパン工房」

© 奈良テレビ放送株式会社

 平城宮跡の朱雀門の南側、三条通り沿い。オークワ尼ヶ辻店とセブンイレブンの間にある「さくらパン工房」が6周年を迎えました。駐車場に面した工房で、店長の岡本達男さんがせっせとパンを焼く姿は、もう地域の人にはお馴染みの光景です。

建物の左奥の扉が店舗の入り口。なだらかなスロープがついているので、ベビーカーや車椅子でも入れます。
駐車場側の窓からパンを購入することもできます。
岡本店長

「さくらパン工房」のパンは、100%国産の小麦(北海道産)の無添加生地を使用。岡本店長が「毎日口にするものだからこそ、子どもにはとくに体にやさしいパンを食べさせたい」との思いでパンを作られています。

少量ずつ焼くため、店内はいつも焼き立てパンのいい香りに包まれています。

子どもに大人気のメロンパンと動物パン

お店の看板商品は何といってもメロンパン。とはいえ、最初からメロンパンを一押ししていたわけではないそうです。「このお店をオープンした6年前、娘に食べさせたい安心・安全といえるような無添加のパンを買える店が近所になかったんです。じゃあ、自分で作って、うちの子だけじゃなく一般のお客さまにも食べていただこうと思ったのが、パン屋をはじめたきっかけですね。」そうして作ったパンのうち、一番人気が出たのがメロンパンだったのだとか。「うちのメロンパンは、三温糖を使っているので、甘さがまろやかで優しいんです。お客さまの口コミで人気が高まり、今は4種類の味をお出ししています。」と岡本店長。

左下から時計回りに、プレーン味の「さくさくメロンパン」150円、アールグレイ茶葉をクッキー生地に練り込んだ「紅茶メロンパン」160円、大和抹茶を練り込んだ「若草抹茶メロンパン」160円、キャラメルシュガーにつけて焼いた「キャラメルメロンパン」160円。クッキー生地の外側はサクサクで、中はもちもち、ふんわり!

近くの都跡小学校や都跡こども園に通う子どもたちに大人気なのは、パンダなどの動物の顔がかわいい「ミニメロンパン」90円と、メロンパンの中身の生地だけを焼いた「ぷちぱん」55円。

岡本店長は、「昔の子どもが駄菓子屋に通ったように、小銭を握りしめてうちのパンを買いに来て欲しいなと思い、ミニメロンパンとぷちぱんだけは、オープン当初から値上げせずに頑張っています。子どもたちが喜んでくれるよう見た目にもこだわって、縁日で飴細工を作るような感覚で、パンを可愛い動物の形にしたりもしているんですよ。」と言います。この動物パンに9月から新しくウサギと恐竜が仲間入りしました!甘さ控えめで、国産無添加の生地を使っているので安心して食べさせられるのもうれしいです。

<前列左>サツマイモの甘露煮入りの「うさぎパン」130円。<前列右>チョコレートクリーム入りの「恐竜パン」150円。<後列>「カメロン」120円と、パンダとコアラの「ミニメロンパン」90円。どれも可愛い!

平城京跡をイメージした「みあとパン」

 平城京の跡地に建つ「さくらパン工房」では、歴史ある都跡地区をイメージした「みあとパン」を小学生の子どもたちと一緒に作っています。「みあとパン」は、玄米パンに具材をサンドしたシリーズ商品の総称です。都跡小学校・2年生の生活科学習指導として、子どもたちの自由な発想による都跡地区をイメージした具材のアイデアを募集。その中から、きんぴらとあんバターの2種類を商品化し、今年の春から販売しました。これが思いの外、大好評だったそうで。岡本店長は、開店6周年を記念して、さらに新しい具材をと試行錯誤。そしてついに、鯖の塩焼きに大葉とガリを挟んだ「さばの塩焼き・みあとパン」を9月から売り出すことになりました!「玄米の旨味に鯖の塩気とガリの酸味が口の中で融合しておいしいですよ!数量30食限定ですのでお早めにどうぞ!」と岡本店長。毎回、新しいパンのアイデアを具体化していく作業はとても楽しいのだそうです。

焙煎玄米粉と小麦粉をブレンドし、砂糖、塩、無添加のショートニングを合わせて焼き上げた玄米パンに、さまざまな具材をサンドしている「みあとパン」シリーズ。「きんぴら」130円と「あんバター」110円に、9月から「さばの塩焼き」(中央)150円が新登場!

こだわりの天然酵母パン

「さくらパン工房」の隠れた人気を誇る「天然酵母パンシリーズ」は、あっという間になくなってしまうので要注意。午後3時頃に焼き上がるので(季節により多少前後します)、買うならこの時間が狙い目です!クルミやブドウ、イチジクなどを混ぜ込んだ季節限定のパンもお見逃しなく!

秋冬限定販売の「天然酵母くり」180円は、栗とクルミが練り込んである食感が楽しいパンです。

岡本店長は「最近のパン屋はスイーツみたいなパンが多くてケーキ屋に近いなという印象です。うちは毎朝食卓に上るシンプルなパンを手頃な価格で買えるパン屋を目指しています。生地の美味しさに自信をもっていますので、何も加えないシンプルなパンを、できればそのまま食べていただきたいですね。」と言います。また、コロナ禍の今はいざという時のために「パンを冷凍しておくといいですよ」と教えてくれました。「中に何も入っていないパンは、長期保存に向いています。食べる直前に軽くトーストして食べると、焼き立てのおいしさが味わえますよ。」

天然酵母パンコーナー。全粒粉入りの「天然酵母バタール」430円は、三重県からわざわざ足を運んで買いに来られる方もおられるのだとか。2時間前に電話予約すれば、焼き立てを用意してくれます。

毎月12日は「パンの日」で、パンが10%OFFになるのでお得です!(12日が休業日の場合は、15日に変更になります。)

■店  名 さくらパン工房

■住  所 奈良市四条大路4-1-77-1

■電話番号 0742-31-5781

■営業時間 平 日 8:30~19:00

      ※売切れ次第終了

■定休日  日・月曜日

■駐車場  有(2台)

■アクセス 近鉄橿原線尼ヶ辻駅より徒歩15分

      近鉄奈良線新大宮駅より徒歩20分

      三条大路南4丁目バス停より徒歩1分

https://sakurapankoubou.com/

※掲載の価格は全て税込みです。

※電話でお取り置き注文ができます。

この記事はいかがでしたか?