【9/6】新型コロナウイルス新たに126人感染確認

© 奈良テレビ放送株式会社

 新型コロナウイルスについて奈良県と奈良市は6日、新たに126人の感染が確認されたと発表しました。

 新たに感染が確認されたのは乳幼児から90代までの男女あわせて126人で、3人が中等症です。年代別では30代が25人と最も多く、次いで10歳未満が23人などと依然として若い世代の感染が広がっています。居住地別で最も多いのは奈良市で41人。次いで大和郡山市が15人などとなっています。また、県は、県内の私立大学と斑鳩町の高齢者施設で感染者集団=クラスターが発生したと発表しました。県内で確認されたクラスターはこれで88例目となりました。現在の感染者数は1536人で、うち重症が18人、中等症が192人です。県内ですぐに運用できる病床などの使用率は重症対応病床は53%、これを含む入院病床全体では68%、宿泊療養室が65%です。