テニス=大坂の休養宣言、男子ゴルフのマキロイが支持

© ロイター

[6日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク3位、大坂なおみがしばらくテニスから離れると表明したことについて、男子ゴルフの元世界ランク1位、ロリー・マキロイ(英国)が支持する考えを示した。

大坂は先週、全米オープンのシングルス3回戦で敗退。試合後の会見で、しばらく休養するつもりだと明かしていた。

マキロイは「私は2019年にゴルフ選手としての自分と一人の人間としての自分を分けて考えることの重要性について話したことがある。なおみは現在、同じことを経験しているように見える」とコメント。

テニスを楽しみながらプレーすることが大事で、結果が全てではないとの見方を示し、「彼女がそのことを理解できるよう、人々は彼女に時間を与えるべき」と話した。

また、マキロイは大坂について「彼女はとても頭の良さそうな女性。子どものころのように、またテニスを楽しめる日が来ることを願っている」と期待を寄せた。

元テニス選手のビリー・ジーン・キング氏(米国)とボリス・ベッカー氏(ドイツ)、元陸上選手のマイケル・ジョンソン氏(米国)らも大坂の判断を支持している。