鮮やかベニズワイガニ、初水揚げ

日本一の鳥取・境港

© 一般社団法人共同通信社

水揚げ量日本一の境港に初水揚げされた、日本海のベニズワイガニ=7日早朝、鳥取県境港市

 日本海のベニズワイガニが7日、水揚げ量日本一の境港(鳥取県境港市)に初水揚げされた。カニかご漁船3隻が島根県浜田市沖や新潟県沖で捕獲した約39トン。1日に漁が解禁されていた。初秋の港はゆでる前から紅色をしたカニで埋まり、シーズン到来に活気づいた。

 午前7時ごろからの初競りでは、コロッケやむき身などに加工される小型が30キロ当たり8千~9千円で落札された。仲買人によると、流通量が近年減っているズワイガニやタラバガニに代わりベニズワイの需要は上向き。加工品は全国の居酒屋や回転ずし店、スーパーなどに出回るという。

この記事はいかがでしたか?