ミャンマー民主派、防衛戦を宣言

国軍に抵抗、蜂起促す

© 一般社団法人共同通信社

 【ヤンゴン、バンコク共同】ミャンマー国軍のクーデターで政権を追われた民主派が発足させた「挙国一致政府(NUG)」のドゥワ・ラシ・ラー副大統領は7日、オンラインで演説し、同日から国軍に抵抗する「防衛戦」を開始すると宣言し市民らに蜂起を促した。実際に動きが出るかどうかは不透明。

 同氏は演説で、国軍がこれまでに多くの市民を殺害、拘束してきたと指摘。NUGが創設した「国民防衛隊」や各地の少数民族武装勢力に戦闘を呼び掛けた。また、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国や国連に理解を求めた。