郡山署とUHA味覚糖コラボ 特殊詐欺被害防止!キャンディ製作

© 奈良テレビ放送株式会社

 県内でも深刻な被害が確認されている特殊詐欺。この被害を防止しようと、郡山警察署と大和郡山市に工場を構える製菓会社・UHA味覚糖がコラボし、ある商品を製作しました。

 その商品とは・・・こちら。UHA味覚糖の人気のキャンディ・「特濃ミルク」のパッケージには、「特殊詐欺NO!ミルク」の文字が。

県警によりますと今年8月末時点で、県内で確認された特殊詐欺の認知件数は74件で、被害総額は去年の同じ時期に比べておよそ5000万円多い2億9000万円あまりにのぼります。

そこで、郡山署とUHA味覚糖は、特殊詐欺の対象になりやすい高齢者に人気というミルク味のキャンディにメッセージを添え、特殊詐欺被害の防止を呼び掛ける商品を製作しました。

郡山警察署 青野秩之 署長

「特殊詐欺の被害防止というのは、知ってもらうことが有効で、人々のコミュニケーションが大事です。関西では「飴ちゃん食べる?」と会話が始まるほど重要なコミュニケーションツールなんですね。地元(に工場がある)味覚糖さんに、飴に何か書けないかとお願いしたら、快く引き受けていただいたということで、今後これが広がって被害防止になればと期待しております。」

 この商品は希望小売価格1袋200円で、9月中旬から近畿圏のスーパーなどで販売されるということです。

この記事はいかがでしたか?