4野党共通政策、8日に締結

衆院選へ立共社れいわ

© 一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は7日の記者会見で、次期衆院選に向け、共産、社民、れいわ新選組の3党と事実上の共通政策を8日に締結すると表明した。締結を契機に共産との候補者調整を加速させる考えも示した。「野党が結集し、できるだけ小選挙区は一本化する。(調整の)キックオフになる」と述べた。

 共通政策の締結は、安全保障関連法廃止を求めるグループ「市民連合」の政策提言に、4野党党首が署名する形を取る。

 市民連合が参加を呼び掛けていた国民民主党とれいわのうち、れいわが応じ、4野党の枠組みになった。引き続き国民にも参加要請を続ける。