【柔道】兄妹「金」の阿部一二三&詩、24年パリでも〝ダブル連覇〟へ「新たな歴史を築きたい」

©株式会社東京スポーツ新聞社

左から阿部一二三、阿部詩(東スポWeb)

東京五輪で〝兄妹金メダル〟の快挙を達成した柔道男子66キロ級の兄・阿部一二三(24=パーク24)、女子52キロ級の妹・阿部詩(21=日体大)が8日、寝具メーカー「エアウィーヴ」による「東京大会選手村寝具寄贈式」に出席した。

2人は金メダルを首にぶらさげてステージに登場。兄の一二三は「自国開催で自分の夢、目標を達成できてホントにうれしく思います」、妹の詩は「小さなころからの目標だった舞台で優勝できてすごくうれしい気持ちでいっぱい」と快挙を振り返った。激闘を終え、現在は心と体をリセット中。「今は少し体と気持ちを休めて、また新たにパリ五輪に向けて頑張っていこうという気持ち」(一二三)、「次の目標に向けて少しずつ走り出そうと思っています」(詩)。

東京五輪の選手村で実際に使用されたエアウィーヴ製品は普段から愛用。2人は「アスリートにとって睡眠が重要」と同じ見解を示しつつ、同社製品に対して「僕の柔道につながっている」(一二三)、「試合の日のパフォーマンスにつながってくる」(詩)と異口同音に感謝している。

パリ五輪での目標について2人は「兄妹で2連覇」を明言。「また新たな歴史を築き上げていきたい」(一二三)、「さらに自分自身、強くなって」(詩)。次なる挑戦はもう始まっている。