巨人ビエイラ、オリ山本らが受賞

7、8月の月間MVP

© 一般社団法人共同通信社

7、8月の月間MVPを受賞した巨人・ビエイラ=横浜(球団提供)

 セ、パ両リーグは8日、7、8月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは巨人のビエイラと広島の鈴木誠、パはオリックスの山本とロッテの藤原が選ばれた。山本は6月から連続受賞で通算3度目。ビエイラ、鈴木誠、藤原は初受賞。

 ビエイラは12試合に登板して無失点で9セーブ。5月3日の広島戦から9月1日のヤクルト戦まで、外国人選手としては史上最長の32試合連続無失点を記録した。鈴木誠は打率3割3分3厘、9本塁打、27打点がいずれもリーグトップだった。

 山本は4戦4勝でリーグトップの防御率0.84。藤原は打率3割4分8厘で、32安打、18得点などがリーグ最多だった。

7、8月の月間MVPを受賞したオリックス・山本=ほっともっと神戸(代表撮影)