全日本卓球混合複で3回優勝の前田美優、引退発表 25歳で現役生活に終止符

© 株式会社ラリーズ

卓球Tリーグ女子・日本生命レッドエルフは8日、前田美優の現役選手引退を発表した。

前田美優が現役引退

前田は、福岡県・希望が丘高校では、1年生でいきなりインターハイシングルス優勝、ダブルス・団体準優勝の成績を残し、2015年に日本生命に入社。実業団時代は日本リーグでシングルス18勝、ダブルス29勝、Tリーグではシングルス6勝、ダブルス21勝と日本生命レッドエルフの主力選手として3連覇に非常に大きく貢献した。

写真:前田美優平野美宇日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

長年トップで活躍する一方で、ケガを抱えながらのプレーとなっており、現役選手としては三重国体を最後に引退する予定だったという。しかし、三重国体が新型コロナウイルスの影響で中止となったことで、チームが本人とも相談を重ねた結果、25歳のこのタイミングで現役引退となった。

写真:前田美優・平野美宇(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

インターハイシングルス優勝、全日本選手権混合ダブルス優勝3回、シングルスベスト4など数々の実績を残してきた名左腕は、Tリーグ2021-2022シーズン開幕直前にラケットを置くことを決意した。

前田美優、引退メッセージ

写真:前田美優引退メッセージ/提供:日本生命レッドエルフ

前田は直筆のメッセージで「私事になりますが、この度20年間続けてきた現役を引退させて頂くことになりました。日本リーグからTリーグまで長い間たくさんのご声援ありがとうございました。今まで卓球を通じて携わって頂いた皆様に感謝しています。本当にありがとうございました。引き続き日本生命レッドエルフの応援よろしくお願い致します。 2021年9月8日 前田美優」とファンへ感謝を述べた。

文:ラリーズ編集部