豪、ネット中傷「新聞に責任」

フェイスブックで最高裁

© 一般社団法人共同通信社

 【シドニー共同】オーストラリアの連邦最高裁は8日、新聞やテレビが運営するフェイスブックの公式ページで閲覧者が中傷の書き込みをした場合、その責任はメディア側が負うとの判断を示した。非行歴のある元少年(23)が有力紙オーストラリアンなどを相手取り、名誉を傷つけられたとして提訴。メディア側が被告に当たるかどうかが先に争われていた。

 最高裁の判事は、フェイスブックのコメント欄を「テレビの生放送やラジオのリスナーとのやりとりに類似したもの」と指摘。「第三者の書き込みであっても発信者の立場から逃れることはできない」と断じた。