上牧町の老人ホーム 施設の遊歩道 案山子並ぶ

© 奈良テレビ放送株式会社

 上牧町にある老人ホームでは、遊歩道に愛嬌たっぷりの案山子がお目見えし、入所者や来訪者を楽しませています。

 およそ80人の高齢者が入所している「友楽の杜ささゆり」では、職員が入所者と協力して製作した案山子が、9月初めから建物沿いの遊歩道に並べられています。

この施設では、コロナ禍でほとんどのイベントが中止となった中で、入所者に少しでも楽しみを見つけてもらおうと、去年、この取り組みを始めました。今年は3匹のこぶたや桃太郎など、童話や昔話をテーマに7つの作品が並んでいます。

この日も、施設の入所者や隣接する病院を訪れた人などが遊歩道を歩き、愛嬌ある案山子たちの姿を楽しんでいました。案山子の展示は、9月末まで行われるということです。