【J1】C大阪の乾貴士が古巣復帰戦を勝利で飾る

©株式会社東京スポーツ新聞社

乾貴士(東スポWeb)

J1C大阪の元日本代表MF乾貴士(33)が8日、アウェーの札幌戦で後半から出場して10年ぶりにJ1リーグ戦に出場した。試合は3―0で快勝した。

乾は2―0の後半43分、後半31分から出場のFW大久保嘉人の得点をアシスト。さっそく結果を残してみせた。ペナルティーエリア内でボールを受けると、中央の大久保へとパスを送る。ベテランストライカーは相手DFを1人かわして冷静にシュートを決めた。大久保にとっては22試合ぶりとなる今季6ゴール目で自身の持つJ1最多得点記録を191ゴールに更新した。

交代策がハマったC大阪の小菊昭雄監督は2人のベテラン起用について「貴士に関してはもともと半分は考えていた。コンディションのところと次戦への準備も含めて後半から投入した。嘉人については、あの時間帯は札幌さんが前に推進力を上げてくることが予想されたので、彼の技術を生かしたカウンターと、守備の強度を保つことも狙った」と説明した。

これでチームは11位に浮上。頼もしいベテランが加わって、どこまで順位を上げられるか。