日航、3000億円調達を発表

コロナ長期化に備え、財務強化へ

© 一般社団法人共同通信社

 日本航空は9日、3千億円程度の資金調達を予定していると発表した。9月中に実施する。旅客需要が落ち込む要因となっている新型コロナウイルス禍の長期化に備える。業績悪化を受けて財務基盤を強化する航空会社が相次いでいる。

 経済活動の本格的な再開を追い風に今年4~6月期決算が黒字に転換した米国の航空大手とは対照的に、日航は赤字から抜け出せていないため資金調達に踏み切る。

 関係者によると、一部が自己資本とみなされる「劣後ローン」で銀行団から2千億円程度を、社債の一種である「劣後債」の発行で1千億円程度をそれぞれ調達する。