コロナ行動制限の緩和方針決定

接種条件に日常生活回復

© 一般社団法人共同通信社

「緊急事態宣言発出中」を知らせる名古屋駅前の大型ビジョン=9日午後

 政府は9日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、希望者のワクチン接種が完了する11月ごろをめどに実施する行動制限緩和の基本方針を決定した。ワクチン接種などを条件に、都道府県をまたぐ旅行や大規模イベント開催を認める。飲食店の酒類提供も容認する。接種などの効果で感染者が増えても医療逼迫は起きにくくなると判断。コロナ下での日常生活や経済活動の回復に向けた取り組みを進める。

 制限緩和は段階的に行う方針で、当面の経過措置として、まん延防止等重点措置の地域で一定の要件を満たした飲食店に酒類提供や営業時間延長を認める。実証実験を10月にも実施する。