【日本サッカー協会】12月の「クラブW杯」開催返上を正式発表

©株式会社東京スポーツ新聞社

日本サッカー協会

日本サッカー協会は9日、12月に国内で開催予定だったクラブW杯開催を返上すると発表した。

国際サッカー連盟(FIFA)と新型コロナウイルスの感染状況およびそれに伴う開催の条件について協議を重ねた結果、合意に至った。現時点では、年末の新型コロナウイルス感染の状況を予測するのは難しく、観客の人数制限などさまざまな制約があり、その中での開催は非常に困難であることを理由とした。開催返上に伴う違約金は発生しない見通し。代替開催地はFIFAから改めて発表される予定となっている。

今回の開催返上に伴い、日程的な余裕が生まれたため、例年1月1日に行われる天皇杯決勝が12月19日に国立競技場で行われることになった(準決勝は同12日)。かねて決勝に進んだクラブのオフが短くなることが問題視されており、特に今回は来年1月下旬にもカタールW杯アジア最終予選が組まれていることを考慮して前倒しが決まった。