渋野、巻き返す イーブンパーで42位発進

©株式会社神戸新聞社

 17番、バーディーパットを外し悔しがる渋野日向子

 「女子ゴルフ・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯・第1日」(9日、静ヒルズCC=パー72)

 渋野日向子はイーブンパーで前週優勝の吉田優利らとともに42位だった。

 約1カ月半ぶり国内復帰戦の渋野は4バーディー、4ボギーの72で初日を終えた。首位とは6打差だが「全体的に落ち着いてできた。たくさんボギーを打ったけど、その中でもイーブンで回れたのはまだ良かった」と前を向いた。

 前半インは11、12番で連続バーディーを奪うなど1アンダーで折り返した。調整不足の影響で後半アウトはショットの縦距離やパットの距離感に苦しんだ。最終9番のバーディーでイーブンに戻し「パーを取るのに必死だったけど、締めはよかった」とうなずいた。

 2日前まで隔離生活を強いられたこともあり「すごく楽しんで一日できた。自由だなと思いました」と笑顔も見せた。残り3日間に向けて「しっかり耐えて、(バーディーを)取れるところで取れるように頑張りたい」と巻き返しを期していた。