稲見、耐えて70「まずはティーショットを安定させたい」

©株式会社神戸新聞社

 10番、ティーショットを放ち打球を見つめる稲見萌寧(撮影・開出牧)

 「女子ゴルフ・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯・第1日」(9日、静ヒルズCC=パー72)

 メジャー初制覇を目標に掲げる稲見萌寧は4バーディー、2ボギーの70で11位発進となった。「結果的にアンダーで回れて良かった」と安どの表情。「ドライバーがすごく曲がったのでラフから打つことが多く、耐えるゴルフだった」と振り返った。

 前週は虫刺されによる左腕痛のため、初日途中で棄権したが「体調は特に問題なかった」と話した。「まずはティーショットを安定させたいというのが一番の課題」とホールアウト後は修正に努めていた。