アーチェリー男子個人・団体「銅」古川高晴4五輪3連覇・野村忠宏氏との邂逅で「パリ金」の決意が芽生えた

© 株式会社日刊現代

日本アーチェリー史上7個目のメダル(古川)/(C)共同通信社

【メダリストが明かす東京五輪舞台裏】#12

古川高晴(4)
(37歳、アーチェリー男子個人・団体、銅メダル/近大職員)

◇ ◇ ◇

7月26日に男子団体で日本史上初となる銅メダルを獲得した翌日は午前中からメディア対応に追われた。28日からは個人戦が控えていたが、

「その日の午後は雨だったので練習場に行けず、気持ちに浮つきもありました。しかし、『1つ持って帰るもの(メダル)がある』という安心感から心に余裕が生まれ、気持ちを切り替えて次を狙いにいこうと。個人戦の1、2回戦がある朝は完璧な精神状態で目覚めました」

初戦はメキシコのルイス・アルバレスを7―3で下し、2回戦はシュートオフの末、オランダのヘイス・ブルークスマに6―5で競り勝った。

「このオランダのヘイス戦が個人戦の中で一番ヒヤッとした試合です。最初の1本目、弓を引いたら風が強くて、いったん戻した。また引こうと思ったらやっぱり風が強くて。それでも時間が迫っていたので慌てて射ったら、5点。相手に弱みを見せてしまった、ヤバイと。しかし、強風に苦しむのはヘイスも同様です。相手のミスもあり、なんとか勝てました」

31日の3回戦以降に駒を進めた。準決勝で五輪覇者となるトルコのメテ・ガゾズに敗れたものの、3位決定戦では7―3と差をつけて台湾の湯智鈞を破った。この瞬間、古川が獲得したメダルは12年ロンドン五輪個人銀、東京五輪団体銅、個人銅の計3つとなった。

それでも37歳のレジェンドは満足していない。大会を終えてから1カ月間で休日はたったの1日だけ。すでに照準は24年パリ五輪に定まっている。

柔道60キロ級で五輪を3連覇した野村忠宏氏との邂逅で、24年パリ五輪に懸ける思いに変化が生まれたという。

■最後の取材が日刊ゲンダイ

「東京五輪の2カ月ほど前、テレビ番組の企画で野村さんにお会いしました。そこで『どんな意識で柔道をやってきたのか』と聞くと、『金メダルしか考えていないから、練習も生活も、すべてそのためのことしかしない』とおっしゃった。ハッとさせられました。国内のアーチェリー選手は目標地点を『五輪出場』にしている人が多いですから。しかし、それを聞いて葛藤もあった。僕は東京五輪を含めて『メダルを取る』などと公言したことすらなかったんです。結果ばかり意識すると思わぬミスをしそうなので」

東京五輪で結果を残したことで“条件”が整った。古川は3年後の「パリでは金を」と力強く言った。

「個人、団体でメダルを取ったので、今度はミックスでもメダルを取りたい。個人で銀と銅を取ったのだから、次は金メダルを狙いたい。ここまで登ってきましたから、結果を、金メダルを意識してチャレンジしたいです」

パリの大舞台に立つためには再来年の世界選手権で出場枠を獲得する必要がある。その世界選手権に出場するためには、来年11月の日本代表選考会を突破しなければいけない。

「東京五輪のことで受ける取材は、日刊ゲンダイさんで最後です。今月9月19日からは世界選手権が始まりますからね。明日から完全な戦闘モードに入りますよ!」