室伏スポーツ庁長官、東京大会総括「大変高く評価」「レガシーとして継承、発展」

© 株式会社神戸新聞社

取材に応じるスポーツ庁の室伏長官

 スポーツ庁の室伏広治長官(46)は10日、都内で報道陣の取材に応じ、閉幕した東京五輪・パラリンピックについて総括した。

 室伏長官は「1年延期となって、大会の開催すら危ぶまれた中で、安全安心な大会を最優先に掲げ、無事閉幕を迎えることができました。コロナ禍において、スポーツの価値を改めて伝えるものとして、海外の皆様からも大変高く評価をいただいているものと承知している」と報告。国民をはじめ、多くの関係者への感謝を述べ「今大会における日本選手団の活躍は、多くの方に感動をもたらしてくれるとともに、選手の皆さんが懸命にプレーする姿や対戦相手をたたえる姿など、勝ち負けだけではなく、スポーツの持つ価値を多くの国民の皆様に伝えてくれたと思っている」と語った。

 続けて「スポーツ庁としては、引き続き全てのアスリートが力を発揮できるよう、競技力向上のための支援に全力で取り組んでいくとともに、国民の皆様が東京大会で感じた感動をスポーツの実施に結びつけていくなど、自国で開催した成果を次世代に誇れるレガシーとして継承、発展させて参りたい」と述べた。

 異例の1年延期で迎えた大会については「大会が開催されるかどうか不安に思う、またアスリートのメンタルの問題も世界的に注目された大会だった。ただ競技で成績を残すだけではなく、この1年、かなりの苦労を乗り越えてその場に立っている姿そのものが、よくここまでやったなと。かなり色んな葛藤があったと思うが、まずたたえたい。全てのアスリートに、日本、海外、オリパラ含め、皆さん頑張ったと思う」と言及。

 コロナ禍で海外遠征などができなかった選手の状況を踏まえ「自分の立ち位置がどのくらいなのか、試合に出て競らないと分からない。自分の力を間違えていたり、立ち位置を間違えたせいでうまくいかなかったり。一方で、うまくいった人もいるわけですね。情報戦略みたいな所は気になりました。個人の意見ですが」との見解も述べた。

 30年の冬季五輪招致に札幌市が意欲を見せていることについては「一番大事なのは地元の機運醸成が図られ、国民の皆さんの支持を得てやっていくことが大切。われわれとしても見守っていきたいと考えている」と語った。