柔道五輪金の新井千鶴が引退

「達成感を味わえた」

© 一般社団法人共同通信社

記者会見で現役引退を表明した柔道女子70キロ級の新井千鶴=10日、東京都千代田区(三井住友海上提供)

 柔道女子70キロ級で東京五輪金メダリストの新井千鶴(27)=三井住友海上=が10日、オンラインで記者会見を開き、現役を引退すると発表した。「苦しいことも多かったが、その分達成感を味わえた。五輪の舞台で闘えた一試合一試合がすごく印象深く、思い出に残っている」と語った。

 埼玉県出身の新井はスケールの大きな正統派の柔道で、力強い内股を武器に活躍。埼玉・児玉高で全国高校総体を制して強豪の三井住友海上へ進んだ。2017年から世界選手権を2連覇し、東京五輪は4試合を勝ち抜いて頂点に立った。

新井千鶴