米アマゾン、従業員の学費を負担

人手不足、働き手の確保狙う

© 一般社団法人共同通信社

米メリーランド州のアマゾン・コムの物流拠点で、発送作業をする従業員=2019年4月(ロイター=共同)

 米インターネット通販大手のアマゾン・コムは9日、大学などに通いながら働く従業員の定着率を高めようと、米国の75万人以上を対象に学費を全額負担すると発表した。新型コロナウイルス禍からの景気急回復に伴い、小売業界では人手不足が深刻化し人材獲得競争が激しさを増している。福利厚生を充実し、働き手の確保を狙う。

 入社90日間以上の時間給で働く従業員を対象に、国内数百の大学などの学費や教科書代全額を支払う。2025年までに12億ドル(約1320億円)を投じる。

 小売り最大手の米ウォルマートも7月、勤務継続を条件に、米国内従業員の学費などを全額負担すると発表した。

この記事はいかがでしたか?