馬見丘陵公園でスイフヨウの花開く

© 奈良テレビ放送株式会社

 河合町と広陵町にまたがる馬見丘陵公園で、秋の訪れを告げるスイフヨウの花が咲き始めました。

 公園のエントランスのそばで訪れた人を迎えてくれるスイフヨウ。朝咲いて夕方には萎む一日花です。

日差しを浴びながら咲いている白い花は、午前中の姿。朝、白く開いた花が徐々にピンクに染まり、夕方ごろには濃いピンクへと変わります。色の変わるようすが、お酒に酔って顔を赤らめるように見えることから「酔芙蓉」と名付けられたといいます。

美しい女性に例える「繊細な美」、そして気品のある姿から「しとやかな恋人」という花言葉もあるスイフヨウ。直径10センチあまりの大ぶりの花は、これから10月にかけてが見ごろになるということです。