【バドミントン】東京五輪銅メダル・東野有紗 五輪後初の遠征スディルマン杯日本代表に選出

© 北海道文化放送株式会社

日本バドミントン協会は9月8日、男女混合の団体戦で国・地域別対抗戦で争う、第17回スディルマンカップ(26日・フィンランド開催)に向けての日本代表選手を発表しました。

東京五輪で銅メダルを獲得した混合ダブルスの渡辺勇大選手(25歳・東京出身)東野有紗選手(25歳・岩見沢出身)組や、女子ダブルスの永原和可那選手(25歳・芽室町出身)松本麻佑選手(26歳・札幌出身)組らが名を連ねました。今大会は日本代表にとって、東京五輪後、初の遠征となります。

◆東野有紗(ひがしの・ありさ)選手

生年月日:1996年8月1日 所属:日本ユニシス 出身地:北海道岩見沢 戦績:東京五輪混合ダブルスで渡辺勇大選手と組み銅メダルを獲得