アフターコロナの時代を考える 奈良県立大学 連続シンポジウム

© 奈良テレビ放送株式会社

 アフターコロナの時代について考える連続シンポジウムの第1回が10日、奈良県立大学で開催されました。

 はじめに、県立大学の浅田尚紀学長が「新型コロナの影響の中、未来をどう過ごすか考えるきっかけにして欲しい」と挨拶しました。

続いて、県立大学地域創造研究センターの堀田新五郎センター長が「我々は世界史的な転換点にあり、何が大事かを考える必要がある」と問題提起を行い、それに応える形で神戸女学院大学の内田樹名誉教授が講演しました。

講演の中で、内田名誉教授は「新型コロナの世界的大流行で、医療資源など必要なものが必要な時に手に入らなくなった。これからは国家で自給自足しなければならない時代がやってくる」などと話し、参加者は真剣に聞き入っていました。この連続シンポジウムは全4回開かれる予定で、次は10月10日に開催されます。