ボクシング銅の田中、駒大に報告

男子フライ級、61年ぶり表彰台

©一般社団法人共同通信社

母校の駒大を表敬訪問した田中亮明。右は各務洋子学長=東京都世田谷区(同大提供)

 東京五輪のボクシング男子フライ級で銅メダルを獲得した27歳の田中亮明(岐阜・中京高教)が10日、母校の東京都世田谷区の駒大を表敬訪問し、同級では日本勢61年ぶりの表彰台の快挙を各務洋子学長らに報告した。電話取材に「ボクシングも人間としても大学で成長させていただいた。本当に感謝しかない」と感慨に浸った。

 駒大ボクシング部からの五輪メダリストは12年ロンドン大会男子バンタム級の清水聡に続いて2人目。田中は後輩たちに「最高の環境だし、素晴らしい指導者もいる。(競技生活を)思い切り楽しんでもらいたい」とエールを送った。今後については未定という。