台風14号、12日に沖縄接近

猛烈な風、海上は大しけに

© 一般社団法人共同通信社

台風14号の5日先予想進路(11日9時現在)

 猛烈な台風14号はフィリピンの東を北寄りに進み、12日から13日にかけ、非常に強い勢力で沖縄に接近する見込みだ。八重山地方では12日は猛烈な風が吹き、海上も大しけとなる見通しで、気象庁は暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、与那国島付近では12日は最大風速45メートル、最大瞬間風速65メートル、13日も最大風速40~50メートル、最大瞬間風速55~70メートルと予想される。波はうねりを伴い、高さ10メートルが見込まれる。

 台風は11日午前9時現在、沖縄の南を時速約15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は905ヘクトパスカル。