全米、ジョコとメドベが決勝へ

第1、2シードの対戦

© 一般社団法人共同通信社

男子シングルス準決勝でフォアハンドを放つノバク・ジョコビッチ=ニューヨーク(USAトゥデー・ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第12日は10日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で年間グランドスラムを目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝ち、12日の決勝に進んだ。

 ジョコビッチは東京五輪金メダリストで第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に4―6、6―2、6―4、4―6、6―2で競り勝った。メドベージェフは第12シードのフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)を6―4、7―5、6―2で下した。

全米テニス準決勝のオジェアリアシム戦でガッツポーズするメドベージェフ=10日、ニューヨーク(AP=共同)