【B1川崎】世界のトップ渡り歩いたジャニング、「チームをVに導く」 入団会見で自信

© 株式会社神奈川新聞社

オンラインでの入団会見で抱負を語ったB1川崎のジャニング(左)((C)川崎ブレイブサンダース)

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)川崎は10日、今シーズンから加入した米国出身のマット・ジャニング(33)=196センチ、99キロ=の入団会見をオンラインで行った。シューティングガードとして期待され「川崎を優勝に導きたい」と力強く抱負を語った。

 これまでイタリアやスペイン、クロアチアなど世界のトップリーグを渡り歩いてきたシューター。ボールハンドリングにも優れており、司令塔の役割も担えるという。

 来日前にはファジーカスと直接やりとりし、リーグの特徴や日本文化についても学んできたという。妻と2人のまな娘を米国に残す形となる。それでもジャニングは「彼のアドバイスを聞き入れ、新しい一歩を踏み出すのにふさわしいとさえ思った。家族にも新しいものを見せられる」と新生活への迷いはなかった。