【ボクシング】中谷潤人がWBO王座初防衛 強敵の鼻を破壊して完勝

©株式会社東京スポーツ新聞社

中谷潤人(東スポWeb)

ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチは10日(日本時間11日)、米アリゾナ州トゥーソンで行われ、王者の中谷潤人(23=M・T)が、同級1位アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を4ラウンド(R)TKO勝ちし、初防衛に成功した。

緊張感を漂わせるも、気負いのない表情でリングに上がった中谷は、1Rから得意の左ストレートで相手をぐらつかせると、2Rも強烈な左ストレートを相手の鼻に直撃させて出血させる。その後も接近戦でパンチを上下に打ち分け、アコスタの出血がひどくなると4R開始後レフェリーが試合をストップ。中谷のTKO勝ちを宣言した。元WBO世界ライトフライ級王者でここまで22勝(2敗)のうち21KOのKO率を誇る強敵の鼻を破壊しての完勝となった。

中谷にとって中学卒業と同時に単身で武者修行に渡るなど、米国は〝第2の故郷〟であり、かねてそのリングで戦うことを悲願としていた。その憧れの米国初戦で力を証明し、試合後は「いいタイミング、最初のRで鼻に入ったのでペースがつかめた。みんな(会場)沸いてくれていたんで、いい勝ち方ができたかな」と現地ファンへのアピールに手応え。今後は「統一戦をやりたい気持ちが強い」と野望を口にした。