地下鉄シリーズ、9.11初開催

大リーグなどで犠牲者追悼

©一般社団法人共同通信社

試合前に始球式を行った元メッツ監督のボビー・バレンタイン氏(右)と元ヤンキース監督のジョー・トーリ氏=11日、ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米中枢同時テロから20年を迎えた11日、ニューヨークで行われたスポーツイベントで犠牲者への追悼が行われた。

 大リーグではメッツの本拠地シティ・フィールドでヤンキースとの「地下鉄シリーズ」を「9.11」に初めて実施した。試合前の式典には緊急対応にあたったニューヨーク市警(NYPD)の職員やメッツの元選手らが参加。半旗が掲げられ、黙とうがささげられた。

 テニスの四大大会、全米オープンの会場では女子シングルス決勝の試合前、国歌が流れる中、巨大な星条旗がコートを覆った。コートサイドには、テロの発生した日付が刻まれた。

テニスの全米オープン女子シングルス決勝の試合前、コートに広げられた星条旗=11日、ニューヨーク(USAトゥデー・ロイター=共同)