<あのころ>ミレーの「種をまく人」

山梨県立美術館が公開

© 一般社団法人共同通信社

1977(昭和52)年9月12日、翌年開館する山梨県立美術館がミレーの代表作の一つ「種をまく人」(左)と「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」を東京・銀座の画廊で報道陣に公開。展示の目玉として米国のオークションで2億円近くで落札し話題となった。その後もバルビゾン派の作品を増やし、多くの来館者を集めている。