「ペントハウス」シーズン3待望のスタート 韓国を代表する美人女優3人が“悪女”を体当たりで演技

©株式会社日刊現代

「ペントハウス」撮影中のユジン(右)と娘役のキム・ヒョンス(ユジンのインスタグラムより)

韓流ドラマ「ペントハウス」

2021年8月28日から韓流専門チャンネル「KNTV」でシーズン3の放送が始まった。

愛憎が激しく渦巻き、色と欲、暴力と殺人が絡んでドンデン返しの連続のドラマ。シーズン1(20年10月~21年1月)が韓国SBSテレビで放送されると、当初は「ドロドロしすぎ」「怖い」と言った声が相次ぎ、放送中止を求める動きもあったが、回を追うごとに視聴率が急上昇。瞬間最高視聴率31.1%(ニールセン・コリア調べ)をたたき出した。

ストーリーが二転三転するどころか、二十転三十転する韓流ドラマの中でも、「21世紀最高のマクチャンドラマ」との高評価を得て、「2020 SBS演技大賞」では最多9冠を受賞した。

舞台は、ソウル市江南区の高級住宅地にそびえる100階建てのタワーマンション「ヘラパレス」。韓国内でも収入が上位1%の者しか住めないといわれる超高級マンションだ。主な登場人物は、最上階のペントハウスに住む不動産会社代表夫婦、85階に住む有名病院のVIP専門外科医と元声楽家夫婦、55階の離婚専門弁護士と元アナウンサー夫婦、45階の建設会社社長と成金主婦の夫婦、そして、このマンションに住むことに憧れる不動産コンサルタント母子たち。

物語は、マンションで華やかな舞踏会が催された夜、米UCLAの学生と偽って家庭教師として出入りしていた若い女性が高層階から転落死したことから始まる。

事件の伏線として、不動産の不正売買、住人同士の不倫、子供のイジメや進学をめぐる親たちの確執などが、これでもかとテンコ盛りに描かれる。

ユジン、イ・ジア、キム・ソヨンといった韓国を代表する美人女優3人が、それぞれ人に言えない秘密を抱え、「美しい花にはトゲがある」を地でいく悪女を体当たりかつ、時には妖艶に演じている。間もなく日本でも、シーズン1から順次、DVDレンタルやネット動画配信サービスで視聴可能になる予定だ。楽天VIKIでは、ユーザーが投稿した字幕付きで、シーズン1から全話を配信している。

▽高橋恵市(フリーライター)山口県出身。大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライター。グルメ紹介や企業広報、テレビ番組批評など幅広く手がける。ペンネームで小説も出版。