メドベージェフ、四大大会初優勝

男子単、ジョコは年間全制覇逃す

© 一般社団法人共同通信社

男子シングルスで初優勝を果たし、トロフィーを掲げるダニル・メドベージェフ=ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープンは12日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス決勝で第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6―4、6―4、6―4で破り、四大大会初制覇を果たした。優勝賞金250万ドル(約2億7500万円)を獲得した。

 ジョコビッチは同種目で1969年のロッド・レーバー(オーストラリア)以来52年ぶりとなる史上3人目の年間グランドスラム(四大大会全制覇)と四大大会単独最多21度目の優勝を逃した。